検診の内容を確認しよう

正常な妊娠なのかチェック

正常な妊娠かのチェック

妊娠検査薬を使って陽性反応が出ても、正しい結果では無いかもしれません。
妊婦健診を受けないと、本当に妊娠しているか分かりません。
また、妊娠はしていても、正常な妊娠ではない可能性があります。
子宮外妊娠など、異常妊娠の可能性があります。
すると流産する確率が高くなるので、本当に産むか決めてください。
また、妊婦健診で胎嚢がないことが確認されることがあります。

しかし妊娠して本当に間もない頃は、胎嚢が見られないケースが多いです。
1回目の妊婦健診で胎嚢が確認されなくても、その後の妊婦健診で見つかることがあるのでもう1回妊婦健診を受けてください。
大抵は、1週間ぐらいが経過したら超音波検査を受ける流れになります。

医師に出産日を聞こう

妊娠すると、生理が止まります。
その日から計算することで、出産日を計算できます。
ですが、生理が止まった日を覚えていない人もいるでしょう。
また生理が、定期的に起こっていない人もいます。
すると、計算して正確な出産日を出すことは難しいです。
妊婦して12週が経過するまでに、超音波検査をしてください。

超音波検査によって、赤ちゃんの大きさを計測します。
するとどのくらいの周期が経過しているか分かるので、正しい出産日が分かります。
仕事をしている人は、早めに職場に伝えてください。
伝えると、身体に与えない仕事を任されると思います。
また、産休などのスケジュールも考えてください。
自分が休んでも、職場に異変が起こらないようにしましょう。



ページ
先頭へ